無料資料「気づきが 心身症、ストレス症状、慢性病のこころとカラダを変える 心身セラピーのすすめ」 - 心身症・ストレス症状、改善回復の秘訣!“心身セラピー”
QLOOKアクセス解析

無料資料「気づきが 心身症、ストレス症状、慢性病のこころとカラダを変える 心身セラピーのすすめ」 - 心身症・ストレス症状、改善回復の秘訣!“心身セラピー”

無料資料「気づきが 心身症、ストレス症状、慢性病のこころとカラダを変える 心身セラピーのすすめ」

心身セラピーは、自己回復のための自然療法です。

★身体が自らそのアンバランスを整え治そうとする作用
★心身が一つになって新陳代謝しようとする作用
その根本の動きに気づき、あなたの心身の自然健康を回復する調和的手法です。

気づきが心身丸ごとの自己回復を可能にし、そのことが心身症、ストレス症状、慢性病の改善に役立ちます。
技術的には、自然健康を尊重した「整体」と、気づきによって自己成長を促す「体験的心理療法」を融合させています。
体験的心理療法は体に聞く(聴く)という手法が中心です。

東洋と西洋という出所の違う二つ手法を支えている原理と方針が
自然の変化を尊重する点であまりに多く重なることが力強い背景となっています。

ただ残念なことに、一人の人の答えが他の同じ症状や病名の人に流用出来ないという融通のなさがあります。
オーダーメイドな性質のためです。

詳細は無料冊子「気づきが心身症、ストレス症状、慢性病のこころとカラダを変える 心身セラピーのすすめ」(PDF資料)を是非ご覧下さい。

A4で約90頁ありますが、行間をゆったりさせ、症例や体験談を多く入れ、
冊子内のリンクを増やしてどこからでも読める形にしてあります。

<約30分>の無料電話相談を用意しています。ぜひご利用ください

>>>申し込みフォームはコチラ
使用しているフォームにより、生成されるフォームおよびデータ通信は、SSL暗号化通信対応です。安心してご利用できます。



目次ページ紹介

ごあいさつ 4

[1]心身セラピーとは? 8
1.オーダーメイドの自然療法を目指す 8
▼あなたの何が悪いか?ではなく… 8
▼あなたの個別性を重視し、自然を回復 9
2.呼吸から眺めてみるとココロとカラダが見えてくる 10
3.“今ここ”で起きていることに着目した体験的心理療法 11
4.体験的心理療法の技術を導入している理由 13
▼健康とは? 13
▼心の正常と異常はわかりにくい 14
▼調和的な立場 15
▼整体と体験的心理療法の相互補助 16
5.臨床例 石は落ちて玉はホームランに[ M男さんの例 ] 17
6.他の療法との比較 17
7.心身症、ストレス症状、慢性病について大まかな傾向性 19
▼心身症 19
▼ストレス症状 20
▼慢性病 20
▼機能病と器質病の分類 22

[2]心身一如 23
1.臨床例 “無理に飲み込もうとしていた子”、“沈黙して脳が喜んだ  人” 23
▼母親の気づきと受容が子供の姿勢を変えたケース [ A子ちゃんの  例 ] 23
▼沈黙が大事だったケース [ B子さんの例 ] 24
2.心理緊張が身体症状につながる仕組み 25
▼脊髄神経を介して繋(つな)がる心と内臓 25
 疑問、脳からの信号は背骨を下っているはずなのだが… 27
 生活習慣病 28
3.整体と心身一如 29
▼体の要、“ 腰 ”にその人本来の感受性が宿っている 29
▼五つの基本動作で分類される体のタイプ その行動様式と感受性傾  向 30
 基本動作 30
 五つの運動と連動するエネルギー動向 30
 脱げない服と認めること、そして留意点 32
 腹にあるこころ 33
▼体は嘘(うそ)をつかない、のではなく… 34
 「脳の中がトロけてきました」 精神⇒身体現象と身体⇒精神現象   34
 葛藤と連動する胸椎2番 35
 「今…パ、パニッ…ク症が、起きて…いま…」[L子さんの例] 36
▼異常な状態 37
4.この章のまとめとして 38

[3]私事ですが 39
しっかりとがっかり 39
精神統一を学ぼうとして 40

[4]心身セラピーの効用と特徴 43
1.心身セラピーの効用・効果 43
2.心身セラピーの特徴 43
★1.自然健康の原理を基本としている 43
★2.「今ここ」に全てがあるとし、分析、因果関係にこだわらない    46
 今ココしか自覚できない、はず 46
 心理分析は行なわない 流れに従うのみ 47
 因果関係や合理性にこだわらない 49
 「どうしてそれでうまくいくのか?」 50
★3.病名にはほぼこだわらない 50
 調和的スタイル - でなおすスタイル - 51
 病名があっても無くても、どこかに表現されている 52
3.体験とは? 52
▼手の開花 [ 主婦C子さんの例 ] 52
▼指の怪我が導いた「千万人と言えども我れ行かん」の道 [ D子さ  んの例 ] 53
▼生くることへと、眉間の音が導いた [ N子さんの例 ] 54
6.心身セラピーの作業の流れと実際上の注意点など 55
▼ワークの種類 56
▼作業に際しての留意点 57
▼気づきの作業で自己回復! 臨床例ダイジェスト 58

[5]“ 気づき ”ってどういうこと? 60
1.臨床例 あっ、腰がシャキッとしました (U子さんのケース) 60
▼楽な生き方=選択力と心の弾力を生み出す気づき 61
▼余計な気張りは不要 62
2.“統合”ってどういうこと? 63
▼部分即全体、全体即部分 63
▼元に戻し、整え直そうとする力 63
▼気づき自体が統合( 帰(き)巣(そう)の原理 ) 64
3.気づきの きほんテクニック 65
4.丹(たん)田(でん) … もう一つの可能性 … 67
▼気づきは上丹田(心)の呼吸法 67

[6]体験的心理療法 その心意気の系譜 +実体験 71
1.体験的(型)心理療法について 71
●夢も体験も無意識の王道 71
●体験型心理療法の発端と流れ 72
●ギンドラーから後 72
●センサリー・アウェアネス 73
●エサレン・インスティテュート 73
●体験的心理療法の存在が示す重要なポイント 75
2.私が実体験した 体験型心理療法 75
● プロセスワーク=プロセス指向心理学(POP) 75
● ゲシュタルト療法 80
● ファミリー・コンステレーション 82
● その他の体験型心理療法 84
3.体験的心理療法の系譜と心意気 まとめ 84
▼ 心からエルザ・ギンドラーに敬意を表したい 84
▼ まとめ 「 誰にでもできる作業 」 85

あとがき 86

主な臨床例・実例のリンク一覧

[1]心身セラピーとは?
M男さん (17頁) - 石は落ちて玉はホームランに‥詰まっていた腎臓結石が…
喘息の発作時の気管支のイメージ (19頁)

[2]心身一如
A子ちゃん(23頁) - 母親の変化が子供の姿勢を変えた
B子さん (24頁) - 沈黙が大事だった
Eさん  (28頁) - 顔が中からニコッとした
L子さん (36頁) - 今…パ、パニッ…ク症が、起きて…います

[4]心身セラピーの効用と特徴
足が謀反を起こしたり、勝手に歩き出したり (44頁)
Eさん  (51頁) - 体の都合で食べていなかった
C子さん (52頁) - 手が開花したケース
D子さん (53頁) - 指の怪我が導いた「千万人と言えども我れ行かん」の道
N子さん (54頁) - 生くることへと眉間の音が導いた
気づきの作業で自己回復! 臨床例ダイジェスト (58頁)
 ★ かわいい言の葉の力
 ★ 体はひどい上司の対応策を知っていた
 ★ 過去を指差した指
 ★ 症状のイメージがとっかかりに‥‥
 ★ 症状の立場からの自己アドヴァイス

[5]“ 気づき ”ってどういうこと?
U子さん (60頁) - あっ、腰がシャキッとしました

[6]体験的心理療法 その心意気の系譜 +実体験
「見逃されている体験に深い気づきを得た」プロセスワーク体験
 (79頁)
プレトレーニング6ヶ月目で最後に行ったワーク (82頁)




詳細は無料冊子「気づきが心身症、ストレス症状、慢性病のこころとカラダを変える 心身セラピーのすすめ」(PDF資料)を是非ご覧下さい。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

明るい気分になりました

冊子よみました。臨床例がよかったです。
石、凄いですねぇー。

一冊に、整体、セラピーと いろんな方面のことが
まとまっているので、親切でわかりやすいです。

知らないことが たくさんあるなーっということ、
気づきをやってるひとがいることが
なんていったらいいのか、わかりませんが、
明るい気分になりました。

ありがとうございます。

2015-10-06 20:22 | from フクちゃん

トラックバック

http://sinsinsyou.nrt7.com/tb.php/109-811a9ea3